Melt into the Ocean

夏限定のスペシャルツアー「三浦半島 夜光虫シーカヤックツアー」 
感動体験の様子をスタッフAがレポートしてくれました!
どんなツアーなのか、少し心配。と思っている皆様。今だけ、夏だけ!是非一歩を踏み出してみてください。とっても感動的な光景が目の前に広がりますよ。
それでは、レポートをのぞいてみましょう!


18:30油壺を出発。この日はグラッシーで穏やかな風の心地よい最高のコンディション。これから太陽が沈んでいくところ。夜の海に入って行くのははじめてなので少々緊張、でもゴージャスなトワイライトスカイに包まれて、心地よくパドルを開始。太陽、富士山、大島、海面、雲、すべてピンクオレンジに染まります。

グラッシーな水面 静かな海

すこしずつ日が沈み、徐々に空の色がディープブルーへ移り変わり、ピンクからディープオレンジへ、月も登場。つながった空なのに場所によってちがう色。右向くのと左向くのとぜんぜん表情がちがう。ココロの中みたい。。

月が登場

空がネイビーへと変わってきたので、いよいよ夜光虫を見るために湾内の静かな場所へ移動!ガイドの寺田さんの赤いヘッドライトをたよりに、後をついて進んでいきます。

空も海もディープネイビーに、そろそろ夜光虫タイム

空はディープネイビー、夜空に変わると月が存在感を増してきました。水面は月明かりでキラキラ。ようやく”夜光虫タイム”。夜光虫は、ホタルのような光る虫ではありません^^;) プランクトンです。プランクトンが刺激を受けると青白く光るのです。ここからは写真はありません。

夜光虫がよく見えるように、暗闇を求めてマングローブのような木々の間に入り込んで行きます。木にひっかかりながら木の下を潜って、パドルで水をクルクルとかき回したり、手を動かすと、その周りに青白い光が見えます。みんなでクルクル海をかき混ぜます。見えた〜!!という私たちの声が響く湾内。負けじとキジがキーキーと鳴いたり、魚がこれでもかという勢いで海面に体を叩きつけるように跳ねたり、セミが大合唱していたり、それぞれの生き物がそれぞれの活動に勤しんでいます。人間も魚も鳥もみんな同じ環境をシェアして生きてることを実感。

海をかき混ぜすぎて、腕が疲れると、ボーっと月を眺めたり、勢いよく飛び跳ねる魚に感心したり、北斗七星のひしゃくを確認したり。自然の音しか聞こえない、人間じゃない生物と一緒の場をシェアしていると、時間の感覚がなくなり、自然の一部に溶け込んでいる感覚に。いつもの世界とはぜんぜんちがうところへ行った2時間でした。

アウトドアフィットネス コミュニティに登録!

LINEコミュニティに登録!

世界のアウトドアアや地球環境の現状、 イベントの情報をGETできます!

岡崎友子

岡崎友子
 

平良尚裕 スティーブ

平良尚裕
スティーブ

出町有希

出町有希
 

⿊野 崇 ROKU

⿊野 崇
ROKU

高畑将之

高畑将之
 

寺田匡志

寺田匡志
 

武田佐和子

武田佐和子
 

石川弘樹

石川弘樹
 

YOKO

YOKO
 

AKI

AKI
 

箭内洋平

箭内洋平
 

宮脇紫穂

宮脇紫穂
 

柳本和也

柳本和也
 

Tsugumi

Tsugumi
 

田中律子

田中律子
 

Mami

Mami
 

ジュリ エドワーズ

ジュリ エドワーズ
 

岩崎玉緒

岩崎玉緒