ウェアとギアについて WEAR & GEAR

はじめての方へ
「アウトドアウェアの選び方」

街着の場合なら細かくこだわる必要はありませんが、アウトドア(特に登山など)のアクティビティで は命にかかわる場合もありますので、目的を明確にしたウェア選びが大切です。 ウェアの性能を重視するのも大事な事ですが、いつ、どこで、どの様に使用するかを考えて、選ぶようにしましょう。

アウトドアウェアは、層で考える

アウターレイヤー

〜防水、防風が目的〜

防水性、防風性を主な目的に、雨・風・雪などから身体を守ります。 ゴアテックスなどの透湿性に優れた一枚地のものと、中綿入りで保温性の高いものに分類でき、運動量や標高、気象条件などを考慮して選択します。

アウトドアフィットネスキッズスクール

ミッドレイヤー

〜行動時の保温が目的〜

行動中に着用する「行動着」、休憩中や気温の低いときに羽織る「保温着」があります。 主に保温性の確保が目的となりますが、気象条件や発汗・運動量などに応じ、汗をスムーズに透過させる通気性や速乾性も大切なポイントになります。

アウトドアフィットネスキッズスクール

ベースレイヤー

〜速乾、保温が目的〜

素早く汗を吸水拡散して肌をドライに保つことと、保温性の確保が主な目的です。気象条件、発汗量や運動量などに応じて選択します。

アウトドアフィットネスキッズスクール
各アクティビティのウェア例 WEAR & GEAR

トレッキング

春・秋 初夏・晩秋
アウターレイヤー レインウェア、ソフトシェル レインウェア、ソフトシェル レインウェア・ハードシェル
ミッドレイヤー ウィンドシェル/長袖シャツ(化繊)/薄手のフリース(化繊)etc 薄手フリース/中綿入りジャケット(化繊)/※ウィンドシェルが予備であると便利 薄手フリース/中綿入りジャケット(化繊)/ソフトシェル/複数重ね着使用
ベースレイヤー 速乾性の高い高機能アンダー(Tシャツタイプ)
※冷えやすい人は化繊ノースリーブタイプの上にTシャツもおすすめ ※女性はアンダーも速乾性の高いもの着用
速乾性の高い高機能アンダー(化繊・メリノウールなど 長袖タイプ) ※女性はアンダーも速乾性の高いもの着用 速乾性の高い高機能アンダー(化繊・メリノウールなど 長袖タイプ) ※女性はアンダーも速乾性の高いもの着用
ボトムス サポートタイツ + ショートパンツ/薄手のロングパンツ/※雨天時のレインパンツ必須 サポートタイツ +薄手のウールタイツ + ショートパンツ /ロングパンツ(中にサポートタイツもOK)/※雨天時のレインパンツ必須 薄手タイツor サポートタイツ + トレッキングパンツ/厚手トレッキングパンツ/トレッキングパンツ + ウィンドシェル/※雨天時のレインパンツ必須
シューズ・小物 ミドルカット〜ハイカットのトレッキングシューズ(防水透湿性ありがおすすめ)/ハイカットの厚手の靴下/つば付き帽子(キャップ・ハット)/サングラス ミドルカット〜ハイカットのトレッキングシューズ(防水透湿性ありがおすすめ)/ハイカットの厚手の靴下/つば付き帽子(キャップ・ハット)/サングラス ミドルカット〜ハイカットのトレッキングシューズ(防水透湿性ありがおすすめ)/ハイカットの厚手の靴下/ハット・ニット帽/グローブ、ネックウォーマー(サングラス)
持ち物 ザック(日帰り15〜30L、1泊30L〜50L)、水1L、行動食(お菓子:塩分系・お菓子:糖分系・ドライフルーツ・ナッツ・羊羹・一口ゼリーなど)、タオル、ゴミ用袋、日焼け止め、虫除け、リップクリーム、ジップロック(ぬらさないもの、濡れたもの入れ用)、ザックカバー(なければ、ザックの中身をゴミ袋で覆ってもOK)、除菌シート、常備薬があれば持参、保険証
あると良いもの ヘッドライト、トレッキングポール、1人用レジャーシート、トイレットペーパー、カメラ、熊鈴、サンダル(帰宅移動時など便利)、ホッカイロ、冷却シート、ファーストエイドキットなど)

ランニング・トレイルランニング・
ノルディックウォーキング

春・夏 秋・冬
アウターレイヤー ソフトシェル/薄手のウィンドブレーカーetc ※小雨が予想される時、肌寒い時 ソフトシェル/ウィンドブレーカーetc
ミッドレイヤー 半袖シャツ(化繊)/長袖シャツ(化繊)etc
※暑い時期はミッドレイヤーがベースレイヤーとなる
長袖シャツ(化繊)/厚手の長袖シャツ(ジップアップタイプ・化繊)etc
ベースレイヤー 速乾性の高い機能性アンダー(ノースリブタイプ)などetc 速乾性の高い機能性アンダー(ノースリブタイプ)などetc
その他アイテム キャップ/サンバイザー/サングラスetc 手袋/ネックウォーマー/ニット帽キャップ/サングラスetc

アウトドアヨガ

春・夏 秋・冬
アウターレイヤー レインウェア/ソフトシェルなどetc レインウェア/ハードシェルetc
ミッドレイヤー 半袖シャツ(化繊)/長袖シャツ(化繊)/薄手のフリースetc 中綿入りジャケット/ソフトシェル/フリース/長袖シャツ(化繊)etc
ベースレイヤー 速乾性の高い機能性アンダー(ノースリブタイプ)などetc 速乾性の高い機能性アンダー(長袖タイプ)etc
その他アイテム 日焼け防止用のキャップ(ハット)/バンダナ/サングラス/ヨガマットまたはラグなど 手袋/ニット帽/ネックウォーマー/サングラス/ヨガマットまたはラグなど

クライミング
(ロープを使ったクライミングではなく、
外岩ボルダリング)

  • 外岩ボルダリングは岩場までのアプローチの距離とシーズンによって変わります。
  • アプローチが長い場合は、トレッキングの要素が多いため、基本的にはトレッキングのウェアと同様になります。
  • また外岩ボルダリングは動かず休憩する時間が長いため、休憩中の保温着の持参をおすすめします。
春・夏 秋・冬
アウターレイヤー レインウェア/ソフトシェルなどetc レインウェア/ハードシェルetc
ミッドレイヤー 半袖シャツ(化繊)/長袖シャツ(化繊)/薄手のフリースetc *摩擦や引っかかりがない素材が望ましい 薄手のダウン/ 中綿入りジャケット/ソフトシェル/フリース etc
ベースレイヤー 速乾性の高い機能性アンダー(ノースリブタイプ)などetc 速乾性の高い機能性アンダー(長袖タイプ)/ etc
パンツ 伸縮性のある、動き易いズボン。初心者は怪我防止のため長いものが良い。足元がよく見え、邪魔にならないよう裾が細めのパンツが良い 伸縮性のある、動き易い長ズボン。気温が低い場合、動きを妨げないロングタイツを中に着用も◯。足元がよく見え、邪魔にならないよう裾が細めのパンツが良い
その他アイテム 帽子/サングラスetc 手袋/ニット帽/ネックウォーマー/サングラス/気温が低い場合は、厚手のダウンジャケットの持参 etc
アプローチ時のシューズ トレッキングシューズ(場所によってはスニーカー)
専用グッズ クライミングシューズ、チョーク(松ヤニが入っていないもの)、ブラシ、あればボルダリング用マット
クライミングシューズ はじめての方は、ソールがフラットな形状で、足にぴったりとあったサイズがおすすめ。
その他あると良いもの レスト中にはく脱ぎ履きしやすいサンダル、シューズを拭くタオル、爪切り、テーピング(指用)

SUP(スタンドアップパドリング)

暑い夏でも、日焼け対策や虫さされや怪我の防止のため、長袖シャツやロングパンツなど、なるべく肌をかくすウェアがおすすめです。

春・秋
アウターレイヤー なし ウェットスーツの着用をお願いします。ウェットスーツの下は水着を着用してください。 ウェットスーツの着用をお願いします。ウェットスーツの下は水着を着用してください。
ミッドレイヤー 半袖シャツ(化繊)/長袖シャツ(化繊)
ベースレイヤー 水着・ラッシュガード
パンツ 水着
その他アイテム サングラス(落水しても外れないようにバンド付きの物)/なるべくつばの広い日焼け防止用キャップ(化繊)
※ 2-3mm程度の薄手ウェットスーツだけでも可能です。
※リバーSUPについては、他の詳細はご予約後にメールでお伝えします。
サングラス(落水しても外れないようにバンド付きの物)/なるべくつばの広い日焼け防止用キャップ(化繊)
※リバーSUPについては、他の詳細はご予約後にメールでお伝えします。
サングラス(落水しても外れないようにバンド付きの物)/なるべくつばの広い日焼け防止用キャップ(化繊)
サーフグローブ/サーフブーツ
※リバーSUPについては、他の詳細はご予約後にメールでお伝えします

マウンテンバイク

  • 走行時は風を受けるため、寒い時期はトップスに防風性のあるウィンドブレーカーを着用します。
  • 風の影響を多く受けるアクティビティのため、体にフィットしたウェアがオススメです(風でウェアがばたついてしまうため)。
  • 汗で体が冷えることを防ぐため、インナーは速乾性の高い機能性ウェアを着用してください。
  • パンツは裾がチェーンに絡まる危険性があるため、タイツがオススメです。
  • 転倒した際の安全性や、ハンドリングの安全性のため、手袋は必ず着用してください。
シューズについて WEAR & GEAR

トレッキング

  • グリップ力が高く、足首などのサポート性も高い、ミッドカットタイプのトレッキングシューズを選んでください。
  • ゴアテックスなど浸水を防ぐ素材がアッパーに使われているものがオススメです。
  • 里山などであればトレイルランニング用のシューズでも併用できます。

ランニング・ノルディックウォーキング

  • ランニング用(アスファルトを走ることを想定しているタイプ)シューズを選んでください。
  • かかとをシューズの一番後ろに合わせて、前に約1cmまたは指一本分のゆとりがあるサイズを選んでください。
  • 長さだけでなく、幅のフィット感にも気をつけましょう。

トレイルランニング

  • グリップ力が高く、小石などの突き上げ感も防いでくれるトレイルランニング用のシューズを選んでください。
  • トレイルランニング用のシューズもクッション性やサポート力を最低限にとどめた軽量タイプから、ある程度重量はあるがクッション性とサポート力の高いタイプまであるので、経験や走力に合わせて選ぶことが重要です。